インプラントを長期間使用していただくために

永続性インプラント

インプラントをなるべく長期間使用して頂くにあたり、オペ時のドクターの技術はもちろん必要ですが、何よりも手術前の治療計画がとても重要になります。

歯並びが悪い人や残っている歯が歯周病の人にインプラントをしたとしても、インプラント周囲炎になり、結局はインプラントが駄目になりやすい事が多数の文献からわかっています。

当院の治療テーマは「永続性」です

インプラントを長期間使用していただくために、当院では…

  • 定期的にメインテナンスに来院していただく事
  • 手術の前に、歯周病治療や矯正治療を治療計画として提案させて頂く事

…等などがあります。せっかくの費用と時間をかけて噛むことを取り戻すことのできる治療です。ご理解いただければ幸いです。

当院のインプラント安心ポイント

当院では、優れた技術と豊富な経験、スキルをもってインプラント治療に従事、埋入が困難な難症例の治療をも可能にします。また、患者様に安心してインプラント治療をお受けいただけるように、様々な安心・安全対策を導入、徹底しております。

院内にCT設置・撮影で安全対策

当院では、皆様に安心してインプラント治療をお受けいただけるよう、CTを導入しより正確な診査・診断をしております。

CT撮影で安全性を

CT撮影

CTは老舗歯科機材メーカーのヨシダのエクセラスマートF+を院内に導入、シンプルなパノラマ撮影や3D撮影、セファロによる側貌の撮影まで、オールマイティに高画質な撮影を行います。

CT立体画像

当院ではインプラント1本だけの埋入でも必ずCTによる撮影と診断を行い、立体的な画像でインプラントの埋入位置を確認、安全に万全を期しています。

インプラントガイドオペの導入

よりインプラントを安全に埋入するためのガイドオペを導入しています。CT撮影データであらかじめ作成された患者さんの歯に合う埋入用ガイドを作成します。半透明の樹脂で作られ、このガイドをお口にあてがってインプラントオペを行うと、埋入の角度・方向・深度などがあらかじめ決められていますので、より正確そして安全にオペを行うことができます。

インプラントガイド

一般的にガイデッドサージェリー、インプラントガイド、ガイドステント等、さまざまな呼び名があります。

インプラントガイド

このようにお口にあてがいインプラントを埋入します。歯科医師の感に頼っていた埋入オペもガイドがあれば安心です。

難症例に対応した骨造成・再生治療

インプラント歯科医

インプラントでいう難症例とは、顎の骨が薄かったり痩せてしまっていたりして、顎骨の状態がインプラントの埋入に適さないケースをいいます。当院ではそんな難しいケースであっても顎の骨を再生させる処置を行うことでインプラント治療を可能にします。

当院で行なっている骨造成テクニックを以下にご紹介します。高度な技術を要するものが多いですが、当院ではDr.自身、骨造成・再生治療のトレーニングを専門的に積んで数多くの症例をこなしてきており、また、骨造成には極めて安全な骨補填材を使用していますので、どうぞ安心してお任せください。

GBR

GBR(Guided Bone Regeneration:骨誘導再生術)とは、インプラントを埋入するのに顎骨の厚みが足りない場合に、顎骨の再生を促す材料を用いて歯槽骨に厚みを持たせる処置をいいます。

サイナスリフト

骨補填材

上顎の顎骨が不足している場合に行われる処置で、鼻の横、上顎の上に広がる空洞である上顎洞の側面にあたる部分から骨に穴を開けて上顎洞下の粘膜にアクセス、その粘膜を慎重に剥がして持ち上げていき作ったスペースに骨補填材を充填、顎骨を作っていく処置をいいます。

ソケットリフト

上顎の顎骨において、必要なインプラントの長さに対して顎の骨の垂直距離が足りない場合に、インプラントを挿入する穴に骨充填剤を置き、インプラント体をテントの支柱のようにして少しずつ上顎洞粘膜を押し上げていき、押し上げた空洞に骨充填剤が存在することで顎骨をプラスしていく術式をソケットリフトといいます。

ソケットプリザベーション

歯を抜くとその周りの骨が痩せていくのですが、その目減りを少なくするために、抜歯後の穴に骨補填材を詰めて蓋をすることで骨を造成し、顎骨が痩せることを回避する方法です。

スプリットクレスト(リッジエクスパンション)

上顎の前歯の顎骨が4mmに満たない薄く細い状態のときに行う処置です。歯槽堤分割術ともいい、その名の通り、極薄くなった骨を縦に分割し、その隙間にインプラントを埋入する方法なのですが、歯槽骨が硬いと折れてしまう危険があるので細心の注意を払う必要のある、高度な技術力が求められる治療法です。

全く歯が無い方にも対応(無歯顎インプラント)

当院では全ての歯がない無歯顎の患者様に於いてもインプラント技術による治療が可能です。

オールオン4

オールオン4

全ての歯がない無歯顎の患者様で、骨を作るための骨造成治療をしなくても歯がある状態を再現出来る治療、オールオン4が可能なケースがあります。

オールオン4とは、片顎に最少で4本、多くて6本のインプラントを埋入して、そこに即日でワンピースの全顎ブリッジを固定する画期的な治療法です。

そんな少ない本数で大きなブリッジを支えきれるのか、と不安に思われるかもしれませんが、インプラント同士の距離が近すぎないことで顎骨の血流が妨げられないのでむしろ顎骨に優しい方法ともいわれています。

骨の厚みが足りなくてもインプラントを斜めに埋入する傾斜埋入法を用いたり、ブリッジ自体の床を厚くすることで高さの不足分をカバーでき、骨造成治療の必要がないことから、骨を作らない方法、グラフトレス法とも呼ばれています。

入れ歯と違って取り外しの煩わしさがなく、インプラントでしっかり固定されるのでずれることなくよく噛めると好評をいただいている治療法です。

ロケーターインプラント

ロケーターインプラント

しっかり固定されるけど取り外せないオールオン4、取り外せるけれど固定に関しては劣ることもある入れ歯、双方のいいとこ取りをしたのが、インプラントで固定する入れ歯、ロケーターインプラントです。

ロケーターインプラントは最も長い歴史と大きなシェアのあるインプラントメーカーのノーベルバイオケア社により開発されたシステムで、片顎に最少2本のインプラントを埋入して入れ歯を固定します。入れ歯は取り外しが出来るので、清掃性を優先される方にお勧めです。

顎の骨が薄い方では骨造成治療が必要になる場合があります。

滅菌・院内感染対策

MLA(メディカルライトエアー)

MLA(メディカルライトエアー)

当院では医療機関専門の空気浄化システム、メディカルライトエアーを導入しており、治療中に発生する目に見えない物質や、来院される患者様が外部から持ち込む様々な有害物質を浄化します。

メディカルライトエアーについて詳しく

器具の滅菌の徹底、ドレーピング

ドレーピング

インプラント治療は外科治療になりますので、感染を防止するための器具の滅菌の徹底が必須です。当院ではインプラント治療に際しては、治療に関わる全ての器具の滅菌を徹底、治療設備で触れる可能性のある場所はすべて清潔域のシールドを施して菌が入らない状態を作ります。

さらに感染防止の徹底のために、治療に携わるドクターと歯科衛生士は滅菌済みのオペ着を着て、患者さん側にも滅菌済みの布をかけるドレーピングを行います。

タービンの徹底的な滅菌

タービン滅菌

当院では歯を削る道具であるタービンに関しても、専用の滅菌装置を導入、徹底的な滅菌を行っています。

歯科口腔外科出身の院長Dr.吉岡による安心・安全な治療

安心・安全な治療

当院の院長Dr.吉岡は歯科口腔外科出身で、歯のみならず、歯を支える骨や歯ぐき等の軟組織、触れてはいけない血管や神経の位置等に関しても熟知、また患者様の全身状態についてもきちんと把握した上で治療を行います。

安全性に留意したインプラント治療の経験が豊富ですので、どうぞ安心してインプラント治療をお任せいただければと思います。

残せる歯は最大限残す治療を

歯が無くなったら何でもインプラントという風潮は好ましくないと考えています。インプラントは数ある治療方法の一つにすぎませんし、まず大切なことは歯を残すための最大限の治療を行うことだと考えます。そしていよいよ残せないということになってから、患者様のご希望やお口の状態等から総合的に判断、またじっくりお話をして、患者様に最適な治療法を決めていきたいと考えています。

治療中・前後の痛みにも配慮

麻酔医によるリラックス治療

静脈内鎮静法

オプションで、術中の患者さんのストレスや痛みを軽減するために静脈内鎮静法という麻酔法を導入しております。

この麻酔下では、うとうとと眠ったような感覚でインプラント治療を受けられ、麻酔から覚めた時には治療中の事を憶えていない状態になります。患者様の脈拍や血液を麻酔科医が見ながら、安全に行われます。

治療中の痛みや不安等を解消できることから患者様からも「もう終わったのですか?」との感想で好評をいただいている麻酔方法です。

こちらの麻酔は長年お付き合いのある麻酔科の先生にお願いしております。(別途オプション費用70,000円~)詳しくはお問合せ下さい。

信頼性の高いメーカーのインプラントを使用

ストローマン社インプラント

当院では世界シェアTOPのストローマン社製のインプラントを導入しております。インプラント歯科医師の間でも「もし自分自身がインプラントを受けるとしたらストローマン」との声もあるほどです。

埋入後の初期固定や骨とくっつく早さが改善され、製品の品質や信頼性も非常に高く評価されているインプラントシステムです。身内にも受けさせたいと考えた時に迷うことなく導入に至ったものです。

ご予約/お問い合わせ

ご予約/お問い合わせ

CONTACT

受付

診療時間※木/日/祝 休診となります。

〒152-0032 東京都目黒区平町1-26-19

東急東横線 都立大学駅より徒歩1分

一般歯科、歯科口腔外科、予防歯科、矯正歯科
小児歯科、審美歯科、インプラント

03-6421-1108※お電話は診療時間中のみ対応となります。