当院では矯正歯科医の先生と連携し、矯正歯科と虫歯や歯周病などの一般歯科との連携ある矯正歯科治療を行っております。

お子様から成人の方まで、是非ともお気軽にご相談ください(矯正相談料:0円)。

小児矯正(子どもの歯並び)

矯正歯科

お子様お一人お一人、歯の生え変わりの早い、遅いはありますので、状態を把握、今後の矯正治療の要不要を検討するためにも、日本矯正歯科学会では7歳迄に1度は歯並びや噛み合わせの検診を受けることを推奨しています。

お子様の歯並びに心配がある場合には勿論のこと、お口に何の問題もないようでも、是非一度はご相談いただければと思います。

特に矯正治療における第1期治療期と言われる4~12歳の限られた時期、期間にはなりますが、発達途中の小児の顎は専用の装置を使うことで拡大が可能なため、歯が並ぶスペース自体を拡げることができます。そのため、歯を抜かずに矯正できる可能性が高まります。また、顎の拡大がなされていれば、12歳以上で将来的に行われる第2期治療が簡単になるといったメリットがあります。

当院では、一般的なブラケットを歯面に固定してのワイヤー矯正装置から、取り外しが出来る床矯正装置、ムーシールドなどのマウスピース矯正装置など、それぞれのお子様の年齢、顎の具合、歯の生え変わり具合、歯並びの状態によって、様々な装置を使い分け、矯正治療を行なっています。

矯正歯科は週2回ペースで矯正歯科医の吉岡美幸が担当いたします。

成人矯正

ひと昔前までは矯正といえば子どもを対象としたものでしたが、昨今では大人を対象とした成人矯正もメジャーになってきています。

成人矯正のメリットは、歯並びが悪いという見た目のコンプレックスがなくなることで、自然な笑顔で笑えるようになり、前向きで積極的になれる、歯磨きがし易くなることで口腔内を清潔に保てるようになり、虫歯や歯周病のリスクが減り、口臭の改善が期待できるといったことです。

目立たない表側矯正装置

目立たない表側矯正装置

ひと昔前に矯正といえば、装置のほとんどが金属製だったことで、一目で矯正しているとわかる見た目で一定期間耐え忍ばないとならないもの、といった認識でしたが、最近の矯正装置では、ブラケットを目立たない白いプラスチック製のものに出来たり、と見た目にも目立たない装置での矯正が可能になってきています。

表側の装置なのに歯に馴染み、目立ちにくいと好評で、有名人やアスリートの方々などでも、この目立たない装置での矯正治療をされている方が増えてきています。

なるべく抜かない矯正

もともと歯の本数が少ない方、歯が抜けて無い方や、ガタガタや凸凹の程度が強くない方では、歯を抜かない非抜歯矯正が可能な場合があります。

欧米人は顎に奥行きがあり、歯を並ばせるスペースに余裕がある人の割合が多いため抜かない矯正が基本ですが、ただでさえ小さい顎がだんだんと小さくなってきている日本人では「絶対に抜かない矯正」が可能な人は極めて限られます。

絶対に抜きたくない!と、無理に非抜歯矯正を進めると、歯が前に傾斜して口元が出っぱってしまったり、歯が長く見えてしまったりといったことにもなり得ますので、ご自身の歯を残すことを優先させるか、口元の綺麗な形や噛み合わせを優先させるかで治療計画は変わってきます。詳しく診断させていただきます。

なるべく抜かないとはいえ、親知らずに関しては矯正治療後に歯列を乱す可能性があるので、大概は抜歯対応となります。

部分矯正

部分矯正

最近では、全体的な矯正をしようとは思わないけれども「気になる部分だけを治したい」という大人の方のご要望も増えてきました。歯並びの不正が軽度で、噛み合わせに問題がないケースでしたら部分矯正の対象になります。

部分矯正では、治したい部分だけにワイヤー装置を付けて歯を動かしていきます。早い方では6~12ヶ月で矯正治療が終了します。(その後は取り外しの出来る保定装置を入れていただきますが、その期間は除きます。)

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)

マウスピース矯正(インビザライン)

患者様の歯型に合わせて作成された透明なマウスピースを使用して歯並びを整えていく治療方法です。

患者様の歯型を専用のマシーンで読み取り、コンピューター上で三次元的にシミュレーション、治療計画を行い、マウスピースを作成します。1つのマウスピースで0.2ミリほど歯を移動させ、様子を見ながら、定期的にマウスピースを交換していきます。

人の手で調整していくよりも正確な力を安定して歯に掛けることが可能で、負担が小さく、無理なく矯正治療を進めていくことができます。このマウスピース装置は透明で目立ちにくいので、目の前で会話をしていても気づかれることはほとんどありません。金属製のワイヤーやブラケットを一切使用しないので、金属アレルギーがある方の矯正治療にも適しています。また、いつでも取り外して清掃ができるため、口腔内を綺麗な状態に保つことができます。

※完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

舌側矯正

裏側矯正

歯の裏側(舌側)に装置を取り付けて歯を理想の位置へと動かしていく矯正法です。

裏側に矯正装置がついているので、他人から見えづらく、気付かれにくいのが最大のメリットで、またスポーツをする際に支障がないことがメリットです。歯磨きや装置のお手入れに手がかかるようになること、慣れるまでは多少話しにくく感じることがデメリットと言えるでしょう。

舌側矯正は矯正歯科医であれば誰でも導入できるわけではなく、特別な知識と臨床経験が必要です。

舌側矯正をご希望の患者様には、当院が信頼を寄せる「表参道高柳矯正歯科」の院長・高柳先生をご紹介させていただいております。

ご予約/お問い合わせ

ご予約/お問い合わせ

CONTACT

受付

診療時間※木/日/祝 休診となります。

〒152-0032 東京都目黒区平町1-26-19

東急東横線 都立大学駅より徒歩1分

一般歯科、歯科口腔外科、予防歯科、矯正歯科
小児歯科、審美歯科、インプラント

03-6421-1108※お電話は診療時間中のみ対応となります。